未分類

仮想通貨IOSTの特徴、将来性、購入方法についてまとめたよ

投稿日:

やあ草男だ。

 

仮想通貨IOSTはエアドロップによりある程度知名度はあるもののどのような仮想通貨なのかわかりにくい仮想通貨である。

 

できるだけわかりやすくまとめたので見てくれ。

iotaとは別なので注意してくれ。

 

f:id:Kusaotok0:20180612092948p:plain

 

 

仮想通貨IOSTの概要

通貨名     :IOST IOSTOKEN

公開日     :2018年

最大発行枚数  :21,000,000,000 IOST

流通枚数    :8,400,000,000 IOST

公式サイト   :https://iost.io/

Twitter     :IOStoken (@IOStoken) | Twitter

ホワイトペーパー:DocSend

主な取引所   :Huobi,Binance,OKEx

 

仮想通貨IOSTとは

 

IOSトークンと呼ばれIOSというのはInternet of Servicesの略だ。

 

オンラインサービスのインフラを作るためのプラットフォーム。

簡単に言うとアマゾンなどの巨大なインターネットサービスをブロックチェーンを利用して分散型のインターネットサービスにできるようにしようというプロジェクトだ。

 

 

ビットコインは1秒間に7つの取引しかできないためスケールの面で巨大なサービスに応用することは考えにくい。

そのためスケールを改善することによりインフラを構築することができる。

 

 

もう少し詳しく説明するとEDSによりネットワークをshardsという単位に分け必要な部分(shards)のみを動かすことによりネットワークを高速化する。

Scaleoutという技術で並列作業によりネットワークを高速化が可能。

 

つまりビットコインやイーサリアム上のブロックチェーンを利用するとうまくユーザー数が多すぎて機能しないが、IOST上でサービスを作ればサクサク動くと言った具合だ。

 

 

エアドロップで有名になった

IOSTと言えばエアドロップで有名になったといっても過言ではない。

エアドロップについてはコチラの記事を見てくれ。

 

www.kusaotoko.com

 

 エアドロップとはマーケティングの1種で「トークンを上げるから知名度向上に貢献してね」くらいの認識で良いだろう。

 

1月24日バイナンスに上場し価格が高騰

 

1月24日にバイナンスに上場し価格が高騰した。

やはり大手取引所に上場することは大きい。

 

f:id:Kusaotok0:20180611175453p:plain

 

承認システムProof of Believabilityとは

 

ビットコインは最も仕事をした人にブロックを認証する権限が与えられるが、

Proof of BelievabilityはBelievabilityとある通り信用が重要になる。

 

ネムで有名なPoI、どれだけ貢献したかに加え、参加者からの評価も重要になってくる。

 

 

つまりIOSTにどれだけ貢献しユーザーから信用を得られるかが重要になる。

 

 

仮想通貨IOSTの購入方法

 

IOSTを購入できる主な取引所はOKEx、バイナンス、huobiの3つがいいだろう。

 

 

www.kusaotoko.com

 

 

www.kusaotoko.com

 

国内の取引所で購入したBTCまたはETHを購入したい取引所に送金して購入しよう。

国内の取引所はビットバンクがいいだろう。

 

 

www.kusaotoko.com

 

 

 

まとめ

 

IOSTのスケーラビリティ問題を解決しオンラインサービスを作るプラットフォームについてまとめた。

 

 

まだ世界では分散型のサービスが普及していないので大きな企業はまだ参加しずらい風土はあると思う。

 

少しずつ分散化のサービスが増えていけばIOSTのような仮想通貨に需要が生まれていくのだろう。

 

では。

 

 

-未分類

Copyright© ビットコインより草コインを愛するあまり草男になってしまいました , 2018 All Rights Reserved.