取引所

【DEX】管理者不用、GOXの心配がない取引所DEXとは

投稿日:

やあ草男だ。

 

DEX(Decentralized EXchange)という言葉を聞いたことはあるだろうか。

日本語で表すなら非中央集権型取引所だ。

 

「非中央集権」と表現すれば少し知識のある人ならイメージができるかもしれない。

 

 

DEXを利用すれば

・ハッキングにあいにくい

・秘密鍵を自分で管理できる

 

といったメリットを受けることが出来る。

 

f:id:Kusaotok0:20180217004913p:plain

 

 

DEXとは

 

DEXとは非中央集権型取引所のことを指す。

分散型取引所と表現することもできよう。

 

 

反対語は中央集権型取引所だ。

 

 

中央集権的取引所はコインチェックやビットフライヤー、バイナンスと言った取引所などがある。

 

 

 

中央集権型取引所の特徴はユーザーの秘密鍵を管理し、

ユーザーは取引所に資産を預けているという形になる。

 

 

DEXはこれの逆の取引所であると言えよう。

具体的な取引所名を出すとEtherDeltaやOpenledgerなどだ。

 

 

DEXは取引所の管理者が存在せず秘密鍵はユーザーが管理、

ユーザーの資産は取引所に預けているのではなく、自ら管理している形になる。

 

中央集権型取引所で管理している秘密鍵が盗まれてしまったら

 

先ほどの説明でも取引所が秘密鍵を管理していると説明したが、

もし取引所がハッキングにあい秘密鍵が盗まれてしまったらどうなるのだろう。

 

 

答えはユーザーの資産が盗まれてしまう。

 

別の角度から見てみると、内部の人間が秘密鍵を利用しユーザーの資産を盗んでしまうことも可能だ。

 

 

つまり中央集権型取引所を利用する場合は取引所を信用し投資しなければならない。

 

私はできるだけ取引所には資産を置いておかずに自分で秘密鍵の管理ができる、

ウォレットを利用するようにしている。

 

 

中央集権、非中央集権を利用することでで何が変わるか

 

中央集権型取引所と非中央集権型のメリットをまとめてみた。

 

 

中央集権型取引所のメリット

・出来高が多い

・手数料がかかる場面が少ない

・困ったとき管理者とコンタクトをとれる

 

DEX(非中央集権型取引所)のメリット

・サーバーが落ちることはない

・取引所を信用する必要がない

・秘密鍵を自分で管理できる

・個人情報の登録が必要ない

 

 

DEXを利用するデメリット

 

DEXは出来高が少ないのと、いたるところで手数料がかかること、

フィアットペアが無いのがデメリットだ。

 

 

出来高が少ないのは仕方がないことで、

いたるところで手数料がかかってしまうからだ。

 

例えば

・入金

・出金

・注文

・注文のキャンセル

 

注文のキャンセルでも手数料を取られてしまうのであれば、買い注文も売り注文も出す人は少なくなってしまう。

 

またリファ(紹介報酬)がないので知名度が低く投資する人が少ないため、

出来高が少なくなってしまう。

 

フィアットペアがないのは海外取引所を利用していれば、日本人の我々にとってはあってないモノなので関係がない。

 

 

しかし外国人にとってはフィアットペアを利用するユーザーが一定数存在するため、

ここでも出来高が少なくなってしまう。 

 

まとめ

 

DEXを利用すれば安全な取引を行うことができる。

マウントゴックスやコインチェックのようなハッキングは起こらない。

 

しかし自分で秘密鍵を管理する必要があるため注意が必要だ。

管理者が存在しないため秘密鍵を紛失してしまえばセルフゴックスを起こしてしまう。

 

私は通常の中央集権型取引所を利用し、購入したトークンをウォレットに移動させれば安全は確保できると思っている。

DEXを利用し高い手数料を払うのであればウォレットを送金する際にかかる手数料も同じようなものだからそのような管理をすることも可能だ。

 

 

非中央集権的な仮想通貨を購入するために中央集権な取引所を利用する矛盾を解決できそうな技術ではあるものの、普及するのには時間がかかるかもしれない。

 

 

もしあまり手数料がかかりにくいような新しいプラットフォームが誕生すれば、今ある中央集権型取引所は淘汰されなくなっていくかもしれない。

 

 

 

では。

 

 

 

-取引所

Copyright© ビットコインより草コインを愛するあまり草男になってしまいました , 2018 All Rights Reserved.