取引所

【Bibox】響きがちょっと可愛い第3のバイナンスと呼び声高い海外取引所

投稿日:

 

やあ草男だ。

 

最近仮想通貨業界ではポジティブでないニュースが毎日世間を騒がせているが

その裏で密かに注目が集まりつつある草コインユーザー必見の取引所がある。

 

「第3のバイナンス」との呼び声高い取引所「Bibox」を紹介しよう。

 

 

 

 

Bibox概要

 

公式サイトへはコチラから行ける。

 

Bibox公式サイトはコチラから

 

Biboxは2017年11月に中国でオープンした取引所。

 

f:id:Kusa0toko:20180131234126p:plain

 

読み方は「ビボックス」。まあ可愛い

 

 

まだまだオープンしたての若い取引所という印象だが

実は取引高で世界20位前後をキープしているとても勢いのある取引所。

 

 

第3のバイナンスと呼ばれている所以は中国の取引所であり

 

システムやUIもバイナンスを彷彿とさせる点もあるが

 

それ以上に今後の将来性を期待されているところが大きい。

 

 

f:id:Kusa0toko:20180131233223j:plain

 

 

ちなみに第2のバイナンスはKuCoin

 

 

 

 

Biboxの特徴

 

続々とマイナーコイン上場

 

 

海外の取引所の特徴としてよくあるのが取り扱い通貨の豊富さ

 

 

Biboxも豊富ではあるが

オープンしたての取引所ではあるがゆえに

何百種類と扱っている大手や歴史ある取引所には種類ではまだ敵わない。

 

 

しかし注目すべきは上場のペース。

 

これが通常では考えられないほど速いと言われており

早い時は1日1銘柄のペースで上場したとかしてないとか。

 

 

いかに取引所としての成長スピードが速いかが伺える。

 

f:id:Kusa0toko:20171218000615j:plain

 

バイナンスやKuCoinにまだ上場していないBiboxでのみ取引できるコインもあり

 

今後有名な取引所に上場する前に購入しておいて夢を掴むことも出来るかもしれない。

 

想像しただけで楽しくなってくる。

 

 

やはり安い手数料

 

 

これも海外の取引所ならではであるが

Biboxも破格の手数料で取引することが出来る。

 

注目の手数料は以下の通り

 

  • 0.1%(通常)
  • 0.05%(BIX保有)

 

BIXはBiboxの独自トークンなので

仕組みも手数料率も全くバイナンスと同じということになる。

 

f:id:Kusa0toko:20180131233943p:plain

 

手数料とは関係ないが、

バイナンスの独自トークン「BNB」の価格がバイナンス注目後高騰したように

BIXもBinoxが注目されるにつれて上がることが期待できる。

まだマイナーなうちに持っておくのもいいかもしれないぞ。

 

 

スマホ用のアプリも

 

 

Biboxにはスマホ用のアプリがある。

 

 

自宅にあるPCで1日中気になる草コインの相場を眺められるに越したことは無いが

 

今の時代なかなかそれは難しいという人が多い。

 

そんな諸君のためにBiboxでは外出先でも安心して快適に取引が出来るように

 

スマホアプリが容易されている。

 

iPhone用とAndroid用があるのでチェックしてみてほしい。

 

 

 

まとめ

 

 

今回は第3のバイナンスと密かに注目されている中国の取引所「Bibox」について紹介した。

 

密かにといっても取引高20位前後の時点で既にかなり期待は集まっているが

 

日本では盛り上がる前のバイナンスのように一部の人しか知らないのが現状。

 

 

迷っていたらいつのまにかフィーバーしていて

バイナンスのように新規登録制限がかかり登録できなかった…

 

ということになってしまう可能性もあるので

とりあえず触ってみることをおすすめ。

 

 

これからの新規上場コインとBIXにも目が離せないぞ

 

Bibox公式サイトはコチラから

 

では。

 

 

 

-取引所

Copyright© ビットコインより草コインを愛するあまり草男になってしまいました , 2018 All Rights Reserved.