ファンダメンタルズ

【CDY】ビットコインキャンディがビットコインキャッシュの分裂で誕生

投稿日:

やあ草男だ。

 

2017年の終盤にビットコインのハードフォークラッシュで

数々のフォークコインが誕生したことは記憶に新しい。

 

さて2018年に入りビットコインの分裂は収まりを見せているものの

ビットコイン以外のコインのハードフォークが既にいくつか予定されている。

 

昨年8月、最初にビットコインの分裂で誕生したビットコインキャッシュが

1月13日にフォークし

ビットコインキャンディなるコインが誕生した。

 

f:id:Kusa0toko:20180121010542j:plain

 

 

 

 

ビットコインキャンディ(CDY)とは

 

 

ビットコインキャンディは上でも触れたように

ビットコインのフォークにより誕生したビットコインキャッシュが

1月13日、更にフォークして誕生した派生コイン。

 

ちょっと意味合いは違うがビットコインの孫のような存在だろうか。

 

通貨名     :Bitcoin Candy(CDY)

公開日     :2018年1月13日

最大発行枚数  :21,000,000,000CDY

アルゴリズム  :PoW(EQUIHASH(GPU))

公式サイト         :Bitcoin Candy

 

 

ビットコインキャンディが付与された取引所

 

ビットコインキャンディは事前に配布をアナウンスしていた

イギリスの取引所「CoinEX(コインエクスプレス)」でいち早く配布された。

 

f:id:Kusa0toko:20180124221411j:plain

 

CoinEXについてはまだこのブログで紹介していないが

アルトコインの取引に使用する基軸通貨がビットコインキャッシュであったり

取引手数料が無料だったりと非常に面白い取引所なので後日詳しく紹介したい。

 

私の推し取引所「バイナンス」でもサポートされるとアナウンスがあったが

誕生時にバイナンスでビットコインキャッシュを所有していなかったので

配布されたのかどうかはわからない。

 

もらえた!

という人がいたら教えてほしい。

 

 

ビットコインキャンディの価格

 

ビットコインキャンディは1BCHの所有で1000CDY付与された。

 

気になる価格は、配布翌日の段階で1CDY=約18~19円。

配布時点で1BCHを保有していたら約2万円分のビットコインキャンディが

手に入ったことになる。

 

f:id:Kusa0toko:20180107034054j:plain

 

 

しかし、そんなビットコインキャンディは大きな可能性を秘めており期待されている。

どんなことを期待されているかを次で説明しよう。

 

 

量子コンピュータ対策をしている

 

ビットコインキャンディに注目が集まっている最も大きな要因に

量子コンピュータへの対応がある。

 

量子コンピュータについてはこちらで説明しているぞ。

 

www.kusaotoko.com

 

量子コンピュータ対策をしている通貨が続々と誕生し

注目され始めてきた段階だが

ゆくゆくは必須レベルになる可能性もある。

 

量子コンピュータ対策をしているコインの代表格として

このブログでも何度か取り上げているADAコインがある。

 

www.kusaotoko.com

 

していると書いたが未だ実装はされていない。

ビットコインキャンディは2018年夏の実装を目指しているため

これが実現すれば最初の量子コンピュータ対策事例となる。

 

いずれは全ての通貨で対策を行わなければならないとも言われているので

ビットコインをも超える存在となるのでは?との声も上がっている。

 

 

まとめ

 

今回はビットコインキャッシュのハードフォークにより誕生した

ビットコインキャンディについて紹介した。

 

まだまだ公開直後の草コインだが将来性のあるコインなので

今後に期待したい。

 

キーワード:量子コンピュータ対策

にも注目な2018年になるだろう。

 

ついこの間紹介したXSHも対策をしているので

併せて確認してみてほしい。

 

www.kusaotoko.com

 

 

 

-ファンダメンタルズ

Copyright© ビットコインより草コインを愛するあまり草男になってしまいました , 2018 All Rights Reserved.