ICO

GACKT氏が立ち上げに参入する仮想通貨『SPINDLE(スピンドル)』

投稿日:

やあ草男だ。

 

仮想通貨と芸能に関する大きなニュースが世間を騒がせている。

 

ミュージシャンのGACKT氏が実業家として

仮想通貨のICOプロジェクト『SPINDLE(スピンドル)』に参加するというものだ。

 

ネットニュースのトップにもなったので既に知っている人も多いのではないだろうか。

 

世間では本名が公開されたということに注目が集まっているがそれよりも

SPINDLEって何?と思うコアな諸君に向けてSPINDLEについてまとめてみた。

 

 

 

SPINDLEについて

 

SPINDLEはGACKT氏(本名:大城 ガクトさん)が所属するBLACKSTARが設立した

仮想通貨のICOプロジェクトである。

 

まあこれも偽名であろう。

 

こちらが公式HP

 

spindle.zone

 

ビジョンや構成メンバーが日本語で記載されている。

 

ちなみに「SPINDLE」の意味は「回転するための軸」だ

 

 

SPINDLEへの思い

 

 

公式HPやGACKT氏のブログからSPINDLEに対する次のような想いが感じられる

 

  • これまで投資に関わってこなかった人に投資の楽しさを知ってもらい心と生活を豊かにしてほしい
  • 中央集権的権威を排除した公平な投資プラットフォーム
  • ブロックチェーンとスマートコントラクト技術を用いて透明性を持ったプラットフォームの実現

 

 

SPINDLEで具体的に何ができるのか

ファンドを利用して自分で投資することができる。

 

SPDというトークンが発行されるのでそのSPDを頑張って増やす。

SPDが上場すれば増えたSPDを売却することができる。

もし上場しなければただの数字、パズドラで増やしたお金と一緒になってしまう。

 

 クレジットカードやデビットカードに対応して実際のお店で使えるようになると書いてあるが、それはいつになるかわからない。

 

プレマイン、開発者が15%のSPDを保有。

 

まとめ

 

 

今回はGACKT氏がブログで参加を表明した「SPINDLE」についてまとめた。

 

f:id:Kusa0toko:20171228223932j:plain

 

こうしてニュースに取り上げられて話題になることで

今まで仮想通貨とは無縁だった人々もどんどん参入してきて

2018年も盛り上がりは加速していくと思われるぞ。

 

今後の動きに期待しよう。

-ICO

Copyright© ビットコインより草コインを愛するあまり草男になってしまいました , 2018 All Rights Reserved.